寿司ガールとの出会いは携帯サイト

「寿司ガール」と聞くと、お寿司の好きな女の子の話か。はたまた寿司職人を目指す女の子の話か。と多くの人が想像すると思いますが、この物語は「人生に少し疲れや迷いを抱いている人にお寿司の妖精が現れる」というなんとも不思議なお話です。

私がこの漫画と出会ったのは携帯漫画のサイトでした。無料漫画として何ページか掲載されていたその漫画を見て、普段漫画をそんなに読まない私ですが、ビビっと心をつかまれたのです。
それからすぐに書店や古本屋に向かったのですが、なかなか見つからず。1週間かけて何とか全3巻、ネットで揃えてみせました。
全巻読んだ率直な感想は「ほっこりする」です。読む前よりも人生が少しだけキラッと輝いて見え、お寿司のことがもっと好きになりました。そんな漫画です。

それでは、この「寿司ガール」という漫画の魅力について記載致します。

まず一番最初に惹かれた所は「絵」と「文字」です。
個性的かつ少しカジュアルな絵が魅力的だと感じました。少女マンガっぽくもなければ、青年漫画っぽいわけでもなく・・・。どちらかと言うと、女性ファッション雑誌のイラストにありそうな絵のような雰囲気です。
そして女の子の書き分けがとてもうまいです!可愛い女の子を描くというよりは、「普通」の女の子がとても多く登場し、なおかつ自然で普通ですがどこかにいそうな女の子がとても上手に思いました。
また、文字に関しましては文字も作者様の手書きになっています。このように文章にすると読みづらい印象を受けられると思いますが、その作者様の文字の1文字1文字があたたかみがありとても心にしみていきます。

そしてこの漫画の最大の魅力だと思うところは悩みや不安を抱えている主人公が沢山登場するところです。
この漫画はほとんどが1話完結のショートストーリーで、物語の全ての主人公がそれぞれのコンプレックスや生きづらさを背負っています。
恐らく読む人のほとんどが、必ずどれかの主人公に共感することができると思います。その共感があたたかい気持ちを生み出すのでしょうね。

人生に迷いや不安を抱いてる方は、ぜひ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です