ツイッターの4コマ面白い

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしいというマンガが大好きです。

もともとはツイッターの配信がきっかけであるので、一作一作四コママンガの様にサクサク読める気軽さと、動物を飼っていても飼っていなくても「分かるわー」と思わず共感してしまう所、なにより絵がとてつもなく可愛いのです。無邪気な犬とツンデレな猫のギャップが笑いを誘うのですが、なによりも動物愛が溢れてる所では泣けちゃったりもします。作者さんは犬も猫も飼っているという実話がベースです。今の犬の前に飼っていた先代犬の話です。先代犬が老犬になり作者さんは、くたびれたしょんぼりしている犬の方の記憶しか残っていなかった時に、担当さんと先代犬の話になり、「前の◯◯ちゃんも可愛かったですよねー」と言われます。その時作者さんは久しぶりに元気で可愛かった時代の先代犬の姿を思い出し、家に帰ってから号泣します。「良かったね◯◯ちゃん!可愛かったって言ってくれたよ。覚えててくれたよ!」って。
このシーンは私も号泣でした。時間とともに記憶が薄れていくけど、たしかに誰かの心の中に生きているって素敵だと思いました。あと、猫の方は相当なツンデレのイタズラ者なのですが、さりげなく作者さんの帰りを待っていたり泣いていたらぶっきらぼうではあるけど心配していたり本当に可愛くてジーンとしてしまいます。老犬に対して何度も何度も頭からアタックして、引き離されてしまいますが、猫の気持ちを行動から検索したら「大好きだよ」 これも号泣しました。動物にも感情や気持ちがあって、人間みたいなエゴややらせもなくとても素直で、心が綺麗に浄化されるようなそれでいてギャグマンガです。動物が好きになるので動物嫌いの方にぜひ読んで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です