かもめ食堂の元気

群ようこさん原作の小説の映画版で、小説を読む前に映画を見ました。映画を見る前から、フィンランドと、マリメッコに興味を持っていたので、どんぴしゃの内容に、始まってすぐ見入った作品です。
出ている出演者も、小林聡美さん、もたいまさこさん、片桐はいりさんと、この映画の雰囲気には欠かせない女優さん達が揃っていて、しかもどの役も他にはいないというくらいぴったりはまっていました。
フィンランドで日本食の食堂をしているサチエさん、一人で旅行に来たミドリさん、観光で来たのかも謎のマサコさんがゆったりとした空間の中で日々を過ごす映画で「ハラゴシラエして歩くのだ」がキャッチコピーなだけあって、食堂で出て来る料理、珈琲すべてが美味しそうで、この映画を見た後は無性に珈琲とおにぎり、シナモンロールが食べたくなります。
映画の空間に憧れて、食器を買ってみたり、食事を作ってみたり、珈琲の入れ方を習ってみたり、この映画を見て以来、さまざまな所で私に影響を及ぼしています。
特に感動したところは、日本人は3人だけであとはフィンランド人の方しか出ていないのに、日本の映画のように見やすく、楽しめる所です。日本に興味があって、日本語を学ぼうとするトンミ・ヒルトネンという青年が出て来るのですが、ハリウッド俳優とはまた違ったかっこよさを放ち、日本人の俳優とも違う空気をまとっていて、すごく好きになりました。フィンランド語の台詞も、覚えやすいものもあり、見終わった後からフィンランド語の本を読んだりもしました。
どのシーンの色使いも、外国での撮影でないと出ない色合いで、癒されたり、行ってみたいと思わされたり、食べたくなったり、住みたくなったり、私が気分が沈むと必ず見て元気を出す映画の一つになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です